まぁこんな日もありますわ

昨日は後手後手の1日でした。

今日はガッツリ実験するぞ、と思っていたのですが、
液体窒素の供給停止により実験はあえなく断念。
こういうのって、事前にわかるものなんですが、どうやらうちの教官も知らなかったらしく、
僕は当然知るすべもありませんでした。
なんという不運。

さらに、僕は奨学金をもらって学生生活を営んでいるのですが、
今年で満期になるために『奨学金返還説明会』に出席しないといけなくて、
その事を知ったのが昨日でした。
僕の所属する専攻が対象の説明会は終わっていて、昨日は他専攻学生対象でして、
まぁそんなことも気にしていられないので昨日参加してきました。

あぁ、後手後手。

そういえば今年の夏はドクター入試の日程も知らぬままにすごし、
気がつけば願書の提出日が過ぎていた、ということもありました。
自分の進路に関わるこんなに大事な事をあっさり見過ごしてしまった自分にびっくりしてしまいます。
2次募集があったからよかったのものの、ぞっとしますねぇ。



僕はけっこう、大胆というか、適当というか、そんな人のようです。
できるだけ慎重な行動を心がけているつもりなのですが、
『やってしまう』ことも多々あります。

『やってしまった』ことは、もうどれだけ頑張ってもどうしようもない。
ってことで、
せめて、その状況でできるだけ事態が好転するように、次善策を常に考えているような気がします。
あるいは、『やってしまった』ことにできるだけ意味や価値を与えられるように、次善策を探している気がします。

『後づけ』の生き方、とでも言えるのでしょうか。
そういえば、麻雀で、『中』2枚持ってて誰かが『中』を捨てて、あんまりプランはないけどとりあえずポンしといて、そっからどんだけ点数を伸ばすか、みたいな打ち方に似てるのかな。
・・・わかりにくい?ごめんなさい。

ま、とにかく。こんな生き方も悪くないな、と思ってます。
もちろん、最初っから慎重にプランを練り、計画的に実行に移す、というやり方ができるのはあこがれますけどね。

もう師走ですね。
ぼーっとしてたらあっさりと終わってしまいそうなので、
少しぐらいは計画的に暮らしたいなぁと思います。

追記。
こういう生き方で、少なくともやっていけてる、と思えるのは、
やはり適度に幸運だからなのでしょう。
自分で言うのもどうかと思いますが、僕は幸運なほうだと思います。
ありがたや。
[PR]

by sasayanx | 2004-12-01 12:56 | 日々のメモ  

<< 遅ればせながら 目指すは・・・ >>