私事ですが

いよいよ明日、ドクターコースを受験します!

受験、といってもペーパーテストはなくて、研究発表と質疑応答のみです。
まぁ面接だけですね。
以前にも書きましたが、この試験で落ちる人間はいないと言われています。
(よっぽどのことをしない限り)
ですので、その種の不安はないんですけれど・・・やはり緊張します。
先日は、面接官に思いっきりダメだしをされて、大ゲンカする夢を見てしまいました。
けっこう気になってるんですね、やっぱり。

気楽に頑張ってきます。
------------------------------------------------------------
追記 (12/8 15時)

試験終了です。息つく間もなくTAに向かいます。はぅ



------------------------------------------------------------
追記 (12/8 23時)

上にも書きましたが、無事に試験終わりました。
受験者はたったの4人。外部2人、進学者2人でした。
ドクターに進む人って、やっぱり少ないんですねぇ。
実はまだまだ定員割れみたいです。

試験内容は研究発表+質疑応答。
試験室に入ってみると、教官のみなさんがざっと20人。
多いよ、とちょっとびびってしまいました。
いかにM2とは言えども、これだけの数の教官を相手にするとたじろいでしまいますねぇ。

まぁそう考えたのは一瞬でした。
直後には冷静モードに入ってました。
だって、テンパったって仕方ないですからね。
どんな人がいようと、できるだけ聴いてる人がわかりやすいように。
それが基本です。

発表はつつがなく終わり、いよいよ質疑応答です。
これがなかなか厄介でして・・・今日集まった教官のみなさんは、
植物系のみならず動物系のかたもいらっしゃるし、
(僕の分野は植物系です)
植物系といっても研究内容はほんとにバラバラですから、
言うなれば一番厄介な聴衆なのです。
分野は異なれど知識は豊富な面々ですからねぇ。
その知識を生かして、僕の発表を踏まえた質問をしてくれる方もいれば、
勝手に自分のフィールドに持ち込んだ質問をする方もいます。

後者の方の場合、
僕のフィールドではない以上、事実を答えられるわけもないし、
下手に自分の意見を述べると嘘になってしまう可能性もある。
難しいものです。

深い知識と広範な知識をどの程度の割合で持っておくか。
というのが今後の課題ですね。
まだまだ修行が足りない、と痛感しました。

とにもかくにも、試験は終わりました。
うちの教官いわく、きわめて冷静だったようです。

明日からまた頑張りますよ~
[PR]

by sasayanx | 2004-12-08 00:27 | 日々のメモ  

<< TA日記2 TA日記 >>