さてさてどうだか・・・

コーヒー好きとしては気になるニュース。
Excite エキサイト : 社会ニュース コーヒー党に肝がん少ない

コーヒーを1日に1杯以上飲む人が肝臓がんになる危険性は、全く飲まない人の6割程度
だそうです。
危険性が少なくなるという話は大いに歓迎しますが、文章中に気になる箇所が・・・
年齢や性別などの要因を考慮して解析した結果、全く飲まない人の危険度を「1」とした場合、1日平均1杯以上飲む人は0.58、1杯未満の人は0.71だった。
この『要因を考慮して解析した結果』という部分が非常~に気になります。
どんな要因をどのように考慮したのでしょうかね。
科学はもちろん結果主義なのですが、結果をどう解釈するのか、というのは思ったよりも自由度が高かったりします。(科学という言葉がもつ絶対的なイメージと比べると)

ほんとに例えばですが、1日平均1杯以上飲む人とそうでない人に差が出るようにすることはいくらでも可能である、という場合もあります。
そして、タチが悪いのは、そのような手法が『嘘をついている』とは言えないことです。
このように考えていけば、このような結論が得られる
という言い方をすれば、それは嘘にはならないですからね。
職業柄、(学生ですけど、)科学者の言葉には十分気をつけないと、と思う今日この頃です。

余談ですが、
このコーヒーに関する話は、コーヒーに含まれるどんな物質が作用するかはよく分かっていないというのも踏まえると、
『ある集団で、肝臓ガンになる危険性が低いのはコーヒーを飲むからである』
と結論付けられる考え方がある、という言いかたが正しいかなぁ・・・と思います。
生意気言ってすみません。
[PR]

by sasayanx | 2005-01-21 15:44 | 日々のメモ  

<< 酷評 まりこ >>