未来型ですね

遠く離れた大学のお話ですが、ついにこんなシステムが導入されるとか。
Excite エキサイト : 社会ニュース 携帯で出欠確認、代返阻止 青森大が新システム導入

記事によると、
教師が授業中に番号を発表すると、
学生は携帯電話で専用ウェブサイトに接続、番号と講義名を入力する。
1分以内に行わなければならず「(欠席した学生の代わりに返事をする)代返には、
三重、四重の秘密の防止機能を考えている」(同大)ため、
教室にいない学生が入力するのは不可能という。


なるほど。なかなかめんどくさいシステムですね。
開発やら維持やらを考えるとすごいコストがかかってるんでしょうね。
そこまでして代返を阻止したいのかな。
まぁ集計作業も楽になる、ってのも利点の1つにあげられてますけどね。

このシステムでは1分以内って設定されてますけど、
その間にサイト接続して番号と講義名を入力ってのはかなり大変な作業かもしれませんね。

それに、1分間に何十、あるいは何百のアクセスが集中する上に、サーバーダウンは大問題になってしまいます。
というわけで、このサイトがおかれてるサーバーはよほど強力な性能を持ってないといけませんね。

同時に2つの授業で出席確認が行われたらさらにアクセスが増えるわけだし、それも1つの問題ですね。
そのへんは前もって番号を発表する時間を決めておくことで解決するのかな?
ん~なんだかそれはローテクですねぇ。

サーバーのメンテナンスも大変ですね。
『サーバーメンテナンスにつき休講です』なんてこともあるのでしょうか。
それはちょっとうらやましいな。

あ。そもそも、携帯を持ってない人はどうすりゃいいんでしょうね。
携帯持ってない大学生ってのはそりゃあ少ないかもしれませんが、可能性としてはゼロではないわけだし。
入学手続きの際に『携帯電話をご用意ください』とか書いてるのかな。

こうやって考えていくと、あまりにもめんどくさそうですが、
せっかくの試みなのでうまくいくといいですねぇ。
[PR]

by sasayanx | 2005-02-08 12:48 | 日々のメモ  

<< ショック! 続・きのこたけのこ >>