発表練習

今日は修論発表に向けての発表練習を行いました。

b0035100_17302345.jpg


こういう練習は好きじゃないです。
って多分ほとんどの人は好きじゃないでしょうけれども。

修論発表に限らず、研究発表はシビアにスケジュールが組まれているので、
時間がオシたりしないように練習しとかないといけないわけです。
発表時間は10分ですが、今日は10分半かかってしまいました。
まぁギリギリOKってとこですが、もうちょいうまいことしゃべらないといけないですね。



なぜ練習が嫌いなのか。考えてみました。

3年近い研究の結果を10分にまとめて発表しようと思ったら、
相当要領よく言わなければいけません。
そのためには、やっぱり台本を作ることになります。

練習を繰り返せば、台本どおりに言えるようにはなる。
でも、台本どおりに言うのが目的なんじゃなくて、きちんと発表内容を伝えることが目的。
台本ってのは、あくまでも発表内容を上手く伝えるための手段なんですよね。
そこんとこが曖昧になってきそうなんで、あんまり練習したくないんでしょうね。

とはいえ、手段としての台本は、練りに練ったものであるはずだから、
それをきちんと言うということは『発表内容を伝える』という目的を果たすことになるのですが・・・
でも、意味するものはいっしょでも、やっぱ違う気がするのですよ。うん。

というわけで、『目的のすり替わり』が起きそうなのがイヤだから嫌いなのだろう、という結論に至りました。

まぁ自分がしっかりしてれば問題はないわけで・・・

めんどくさい。というのも否めません。
[PR]

by sasayanx | 2005-02-17 13:40 | 日々のメモ  

<< 公平な報道って? つぶやき >>