訃報です

Niels-Henning Ørsted Pedersenさんがお亡くなりになったそうです。
参照記事 日本語訳は↓を見てください)
享年58歳。まだまだお若いですね・・・
非常に残念です。

ご冥福をお祈りします。



頑張って訳してみました。
ところどころ不自然な日本語とかあります。ごめんなさい。
(誤訳してるところあったら教えてください)
----------------------------------------------
デンマークの最も知られたジャズミュージシャンの1人で、Miles Davis、Dexter Gordon、Dizzy Gillespieといった伝説的なプレーヤーとも共演を果たしたNiels-Henning Ørsted Pedersenが死去した。享年58歳。

ジャズの第一人者達およびDanish mediaによると、Ørsted Pedersenが火曜日(4/19)にコペンハーゲンで死去した。彼のイニシャルであるNHOPは広く知られており、"The Great Dane(デーン人)"と称された。死因は現在のところわかっていない。

彼のベーシストとしてのキャリアは1962年に始まった。当時彼は16歳で、初演はコペンハーゲンの名高いMontmartre jazz clubであった。(Count Basie, Gordon、ピアニストのBud Powellといったアメリカの優れたミュージシャンが出演していた店。)

しかしながら、彼の名前が世界的に知られるようになったのは1973年のこと。Norman Granzのプロデュースにより、Oscar Peterson trioに参加したときである。

『事実上、彼はジャンルを超えて、デンマークで最もよく知られたミュージシャンでした』とCim Meyer(デンマークの音楽雑誌、Jazz Specialの編集者)は語っている。

Meyerによれば、
アメリカにおける人種差別、警察による嫌がらせ、音楽についての曖昧さから解放されると信じ、著名なミュージシャンがデンマークに移住した頃にØrsted Pedersenはジャズミュージシャンとなった。それは幸運であった。
と語る。

Ørsted Pedersenは何百枚ものレコードに参加し、Toots Thielemans, Chet Baker, Lee Konitz、Martial Solalなどと共演した。

Claus Vittus(Denmark's public radioのジャズ専門家)は、Ørsted Pedersenを『世界で最も偉大なジャズベーシストの一人』と呼んでいた。

1964~1982年、彼(Ørsted Pedersen)は名高いDanish Radio's Big Bandに参加し、トランペッターのPalle MikkelborgやキーボードプレイヤーのKenneth Knudsen(共にデーン人)らと共演してきた。

He is survived by his wife, Solveig Pedersen. (これはどういう意味なんだろう・・・)

[PR]

by sasayanx | 2005-04-24 00:37 | 音楽  

<< 鉄筋コンクリート ハミガキ粉って >>