ドタキャン

今日はバイトの日でした。家庭教師をやっとります。

バイト前にちょっと寄りたいところがあったので、少し早めに研究室を出て駅に向かいました。
うむうむ予定通り、とてけてけ歩いていたのですが、駅に着かんとするまさにそのとき、バイト先から一本の電話。

嫌な予感はしましたが、そういう予感は的中するもので、ドタキャンされてしまいました
1時間前に。まったくもう。まぁ発熱だそうで仕方ないのですが・・・

発熱してるならまっすぐ家に帰れ!3時間近くもどこいっとってん!!

と心の中では激しいツッコミの嵐が吹き荒れておりました。
まぁそうなってしまったものは仕方ないとして。

さて、この中途半端な時間に駅に来てしまった自分をどうしたものか。
まっすぐ家に帰るにしては早いし、かといって研究室に引き返すのも・・・
この予定のために色んな仕事を手際よく済ませてきただけに、意地でも引き返したくないって感じ。

というわけで、勢いにまかせて三宮に行こう、と決定し、
ホームに下りてみると制服を着た中学生っぽいのがわらわら。
ああ、ついてないもんだ。と思いつつぼんやりしていると、水筒をぶらさげている少年が目に飛び込んできました。

水筒か~遠足かな?

と勝手な想像をしながら考えたことなのですが。(やっと本題。)

遠足では、水筒の中身でヒーローになれるかが決まる
ってところがありませんでした?
めっちゃ冷たいお茶を持ってくるやつとか、大量に持ってくるやつが最終的な勝者になったような気がします。
それに比べれば、弁当が豪華だとか、おやつがナイス!とかは微々たる勝負だったような気がします。

まぁ、遠足で勝負する必要はないわけですが・・・。

あ、あと、凍らせたお茶を持ってくるやつが何人かいましたね。
こういうやつは最初はチヤホヤされますが、実際にはなかなか飲めなくて苦しんでいた覚えがあります。逃げ馬っぽいですね。
いいタイミングで飲めるようになったら一発逆転なわけですが。

ちなみに僕は『大量に持っていく』派でした。

ほんっとにくだらない日記でございました。すみません。
[PR]

by sasayanx | 2005-06-15 00:20 | 日々のメモ  

<< 警告! 三文 >>