でんじろう先生ってすごいですよね

今年の3月から、家庭教師をやっています。
主に受け持っているのは、中1の男の子。

夏休みに入って部活づけの毎日らしいです。

今日もバイトに行ってきました。
そのときに聞いたのですが、ベタなことに宿題をぜんぜんやってないらしい。

まぁ問題集をやるだのといった宿題はなんとでもなるのですが、
『理科研究』っていうのが厄介なのだそうです。
自由研究みたいなものでしょうかね。
夏休みを利用して、何か調べて発表しろ、という宿題らしい。

で、僕が理系のドクターコースに在籍していることを、先方は当然ご存知なので、
『どんなことをしたらいいですかね~。
もしいいのがあったら教えてもらえますか?』
ってお母さんに言われました。

ん~・・・力になりたいのはヤマヤマなんですけどね。
難しいですね。やっぱ。
僕もまぁそれなりに、うっすいかもしれないですけど、キャリアを積んではきてますから、
『こんな面白い現象があるよ』ということは提案できるんですけどね~・・・
『その先』をどうするか。どうもっていくか。
家庭でどんな実験ができるのか。ほんとうに調べられるのか。
どこで終わりにするか。

なーんて事を考えてるとね、なかなか難しいですね。
じーっと考え込んでしまって、ちょっと一人の世界に入ってしまいました。

やっぱ研究者のはしくれ(超末端ですけどね)としては、
科学の面白さも感じてほしいなぁと思うわけです。

なんかいいアイデア浮かばないかな~・・・
[PR]

by sasayanx | 2005-08-06 00:55 | 日々のメモ  

<< たまやかぎや 大仁田議員 >>