自分の?他人の?

今度の衆院選の争点とされている、『郵政民営化』。
そのためか郵政民営化を扱ったブログ記事が急増中とのこと。
「郵政」がブログで話題/首相の狙い通り?|四国新聞社
ここ数年?数十年?政治離れが問題となっているわけですけれど、
この盛り上がりをみると今回は期待できるのかもしれませんね。

さて、まぁこういう事情を背景に、最近は私sasayanxも色んなHPを拝見したり、
何冊か関連本も読んだりしています。

色んな意見があるものですね。
これだけ多くの意見があるわけですから、中には賛成できる(気がする)ものもあるし、
もちろん『そんなん反対やわ』ってのもあるわけで。

もともと持ってた持論に、色んな意見が影響して、その時点での持論ができる。
これは当然の流れだ。とは思うのですが、
一方で『それってもともと自分で考えてたのか?鵜呑みにしてるだけちゃうん?』
というのが、ふと気になることがあります。
不安に感じる、って気もします。

他人が言ってることを鵜呑みにして、『他人が言ってたから』というレベルでおさえていないか?
結局自分の意見として消化する前に『他人が言ってた』レベルで落ち着けて、いざとなったら他人のせいにするつもりではないのか?

多分そんな不安なのではないか、と思うわけですよ。
まぁ、もちろん、『そういうレベル』で落ち着けていることも数多くあるのですけどね。
全部を消化しようとしてたらそれだけでどんだけの時間がかかるのか、とも思うし。

だから結局は、

少なくとも、大事なことはきちんと消化したいなぁ

ということですね。

書いてみれば当たり前のことですね。
そして、『書いてみれば当たり前のこと』ってことはよくあることなのかもしれません。 
[PR]

by sasayanx | 2005-08-26 00:16 | 日々のメモ  

<< 最後まで聞きなさい。 やけくそ東京 >>