おわりました・・・

9/11 衆議院総選挙。
そろそろ開票も終わり、全議席が決定しつつあります。
ちょうど、民主・岡田代表の辞任会見が行われています。

自・公圧勝ですねぇ。
全議席の3分の2を占めるとか。
これほどの差がついたか、と正直驚きです。

これほどの差が、果たして各党の主張の比較によって生じたのか。
政策論争によって生じたのか。
甚だ疑問です。

たとえば今回の争点とされていた郵政民営化。
自民党案と民主党案との間で、本当にこれだけの差がつくほどの質の違いがあるのかなぁ?
民営化ありき、の自民党案と、まずは肥大化した郵貯をスリムにする、という民主党案。
どっちがいいんか?結局やってみなわからんってのが議論の行き着くところでしょう。
民主党案にしたら、『その先はどうすんねん』という部分で曖昧になってるし、
一方自民党案については、たとえば郵便事業を民営化して失敗した国という前例はいくつかあるらしい。
そのあたりでもう水掛け論というか、議論のしようがなくなるわけでしょ?

まぁ、あとはやってみて考えよう。
という部分は必ず出てくるわけで、そういった柔軟性を持つためにはやっぱりもうちょい均衡してほしかった。

果たしてこんな状態で、国会は機能するのか?
うーん・・・不安ですね。

正直、今回の選挙では全体的にはそんなに勢力図は変わらないんじゃないかなぁ、と思ってました。
大はずれでしたね。
自・公がちょびっと過半数超えるぐらいをとって、郵政民営化法案が再度提出される、しかしいくらかの抑止力は働く、そういう結果になるんじゃないかなぁ、なってほしいなぁ。
と思ってたんですけどね。
だめでしたね。

とにもかくにも、この圧勝はまずい。
まずいというか、もうおかしいです。
このツケが回ってくる日が来ないことを祈ります。
[PR]

by sasayanx | 2005-09-12 02:13 | 日々のメモ  

<< 新顔発見 バーバーじゃなくて~ >>