教えるのって大変

先日,後輩のゼミに備えて,論文訳の添削をしました.

人の文章を添削するというのはほんとに難しいものですね.
後輩の訳を読んでいくと,違和感を感じる表現がそこかしこに見受けられるわけです.
そのうちのいくつかは,英語の訳し間違いであったりするのですが,
そうでない場合もあるわけですね.

やはり,自分と文章のスタイルが違うので,それに起因する違和感,
言葉の配置であったり読点の場所であったり.
そういう違和感のうちのいくつかは,文章を書く上で直すべき点であることもあるのですが,
単に好みだったりする場合もあります.
あるいはある英単語に対して基本的にどのような日本語をあてるのか.
それすら人によりけり.
そりゃ違和感ありまくりなわけです.

それらを考慮しながら,『自分の文章になりすぎない』よう気をつけて
添削する,というのはなかなか気を使う作業です.

何かにつけ,人に教えるという作業は苦労が多いですね.
ここ数年,よく思います.

年をとったからってそのスキルがうまくなるわけでもなし・・・
年をとったらとったで沸いてくる苦労もあるし.

あきらめず,投げ出さず,自分を向上させていきたいと思います.
[PR]

by sasayanx | 2006-05-03 00:43 | 日々のメモ  

<< 唐突ですが 5月です. >>