当たり前だったはず

今日は寒かったですね。
地震や台風の災害地が心配になります。

ふと気づいたのですが、自分の吐く息が白くなりました。
ほんのかすかですけれど。
僕はどちらかというと寒い方が好きです。
自分の外側の境目がはっきりする感じが好きなんです。
吐く息の白さも好きですね。
あぁ、呼吸してるんだな、というのがより明らかになる感じが。

自分には境目があること。
自分は呼吸していること。
これらは本来当たり前の事ですね。知っているはずの事。

本当は当たり前であるはずの事に改めて気づく瞬間。
みなさんにも経験があるのではないでしょうか。

僕もたくさんあります。

そのたびに、逃げ出したくなります。

なぜそんな事に気づかなかったのか。
何をわかったつもりになっていたのか。

ぼやけた表現でごめんなさい。
[PR]

by sasayanx | 2004-10-26 23:58 | 日々のメモ  

<< 携帯のカメラが… 『幸せを感じるコト』の功罪 >>