カテゴリ:本( 4 )

 

侮れない!

先日書店で素敵な本に出会いました。
b0035100_2346454.jpg

視覚でとらえるフォトサイエンス生物図録

チャート式で有名な数研出版から発行されています。
どうやら高校の生物の資料集としてつくられたものらしく、写真や図がふんだんに盛り込まれていて、おまけにオールカラー!!
そして、なんとお値段は・・・

893円!

893円!!


893円~!!!!!!!

このお値段でこれだけのモノをつくるとは・・・って感じです。
即効飛びついてしまいました。いい買い物でした~
いやはや、最近の高校生はいいモノ使ってるんですなぁ。いいなぁ。
大学生にも十分役立つ一冊だと思います。生物系の方は是非お買い求めくださいませ。

ちなみにこんなのもあるそうです。
b0035100_23523999.jpg

視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録

これも定価840円とお安いです。ちょびっと気になります。
見つけたらとりあえず立ち読みしよっと。

もし持ってる人がいたら、どんな感じか教えてくださーい。
[PR]

by sasayanx | 2005-06-29 23:55 |  

英語の壁

b0035100_125243.jpg

英語の壁、という本を読みました。
最近、英語で論文を書いているため、こんな本を読みたくなってしまうのですね。

まぁ、内容はなかなかおもしろかったです。
日本で教えられる英語と、実際の英語とのギャップについてとか。
(例えば、maybe = たぶん というのは間違い。そのような使用例は、英語には1つもないそうです。)
一方、英語圏に生まれた筆者が日本語を勉強して思ったこととか。
英語の勉強になり、なおかつ楽しめるインターネットサイトの紹介なんかもされています。

なかなかサクっと読めて面白い一冊でした。
[PR]

by sasayanx | 2005-03-24 12:00 |  

ZOKU

また森博嗣さんの本を読みました。ZOKUってやつです。
b0035100_1302520.jpg


森博嗣さんは『ミステリー作家』と認識していますが、どうやらミステリー以外も色々と書いているようで、
この『ZOKU』もミステリーではないなぁと思います。普通の小説。
殺人も起きませんし、事件は起きるんですが犯人は誰だかわかっているんですよね。
事件っていってもいたずら程度で、刑事事件になりそうな類ではないんです。
その事件の張本人が、タイトルにもなっている『ZOKU』という組織ってわけです。

どんな話なんやろ~って思って読んでみたのですが、
なかなか面白かったですよ。
すごい手間ひまかけて、すごい技術を使って、しょうもないいたずらをするわけです。
以前にも書きましたが、森博嗣さんはどっかの大学の理系学部の教員をやってる方でして、
そんな彼の『理系バカ』っぷりが垣間見える作品かなぁ、と思います。

内容は面白かったのですが、やっぱり内容の『おとしどころ』が難しかったのか、
本のシメ(いわゆるオチ?)はちょっと不満ではありましたが・・・
でも全体的には楽しめたので満足です。

よろしかったら是非読んでみてくださ~い。
[PR]

by sasayanx | 2005-03-15 01:45 |  

恋恋蓮歩の演習―A Sea of Deceits

b0035100_928063.jpg

恋恋蓮歩の演習―A Sea of Deceits

最近お気に入りのミステリー作家、森博嗣さんの作品です。

どちらかというと『謎解きとしての』ではなく、
『読み物としての』ミステリー、という印象を受けました。
気軽に読めちゃいます。オススメです。

この作品を読む前にこちら↓を読んでおくと、なお一層楽しめるのではないかと思います~
b0035100_9362433.jpg

魔剣天翔―Cockpit on Knife Edge

[PR]

by sasayanx | 2005-03-01 09:20 |