<   2005年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧

 

偶然の産物

b0035100_2314723.jpg

軽音楽部の同級生たちと宴会してきました。
参加人数は全部で8人。
これだけの人数が一堂に会するのはほんと久しぶりです。




同級生って、ほんとに典型的な『偶然の産物』ですよね。
特に大学のクラブの同級生ですから、
学部も違うし、してた(してる)勉強も違うし、大学も違う事もあるし・・・
出身地も違ったり、歳も違ったり、学年も違ったり・・・
そんな人たちが、それぞれの理由で同じ時期に同じクラブに入った、という偶然。
入部からもうすぐ6年が経ちます。
同級生の多くはもう学生ではなくなり、個人個人が色々な環境で頑張っていたり苦戦していたり、楽しんだり悲しんだり、笑ったり怒ったりしています。
そんな今となってはなおさら、
『このメンツが同級生だった』という偶然に驚かずにはいられません。
それは、今の状況があたかも必然であるかのように錯覚しているからでしょうか。
『共に成長してきた』という感覚が、そう錯覚させるのかな~
なんて思ってますけれども。

とにもかくにも、偶然知り合えた人たちを大事に思えること、そして
大事に思われているんじゃないか、と思えることって、いいことですね。

これからも大事にできるといいな~
[PR]

by sasayanx | 2005-01-30 02:00 | 日々のメモ  

カオス

b0035100_1803812.jpg

修論も佳境に入ってまいりました。
一度書き上げたものの、全体的なボリュームアップを要求され…
ネタ探しが大変で、僕の机もかなりごちゃごちゃしてきました(笑)

一度つくったものに手を加えるのは大変なものですね~
一部と全体両方に気を使わねばなりませんからね。

はふぅ…頑張りま~す
[PR]

by sasayanx | 2005-01-28 18:00 | 日々のメモ  

ロンドン名物・・・

b0035100_23325841.jpg
タワーブリッジ!


超人オリンピック決勝戦を再現してみました

[PR]

by sasayanx | 2005-01-27 23:24 | ぴくちゃ  

ブランドジャケット略して・・・

ブラジャケって聞いたことありますか?
こんなサービスが始まっていたのですね~
書店でもらえる「ブラジャケ」って何だ?!
おしゃれなブックカバーらしいです。

ブラジャケとは、様々なブランドのイメージに合わせたデザインで広告として作られたブックカバーのこと。
書店に設置された専用ラックから好きなものを選んで持ち帰ることができる。
もちろん、本を買わなくても持ち帰りOK。
そしてもらって使えば、自分が歩く広告塔になるというわけ。


なるほど~
利用者にとっても広告主にとっても嬉しいお話ですね。
ただ、基本的には期間限定、枚数限定で配布されるみたいで、
目当ての品が手に入るかは早い者勝ち、という状況とのこと。
変にプレミアがついてネット市場で高値で取引されたりしちゃうのかな~と思うと、
なんだかなぁと思ってしまいます。

関西ではまだまだ配布店舗が少ないのが残念。
配布店舗一覧はこちら
旭屋本店ぐらいしかわからんなぁ・・・

ブラジャケ公式HPはこちら
過去のラインナップも見れます。
いい感じですよ~
[PR]

by sasayanx | 2005-01-27 12:41 | 日々のメモ  

最新バイオテクノロジー

最近のバイオテクノロジー技術の1つとして、
『タンパク質を大量に生産する方法』が開発されてきました。

生物は日々、DNAをmRNAへと転写(コピー)し、
mRNAの情報をタンパク質へと翻訳(mRNAをタンパク質に対応させる)しています。

タンパク質の大量生産は、目的とするタンパク質をコードするDNAやmRNAを生物に導入することから始まります。
導入する生物は色々で、大腸菌や酵母といったちっちゃい生物から、
タバコやイネといった植物、あるいは動物といった大きい生物まで、
さまざまな生物が使われます。

タンパク質の設計図を導入したら、
あとは生物をせっせと育てます。
大腸菌とか酵母なら、培養器いっぱいになるまで増やしたりするし、
植物とか動物ならいっちょまえの大きさになるまで育てたりします。
その間、それぞれの生物はせっせとタンパク質を合成してくれるわけです。

で、十分な量のタンパク質が得られそうな時期に、
それぞれの生物からタンパク質を抽出します。
横取り40万って感じですね。

今まで使われていた方法はこんな感じなのですが、
やっぱり生物を取り扱うのは大変ですよね。
途中で死なせちゃったら元も子もないわけです。
そのリスクをなくすために、生物を介さずにできないものか。
という要望に答えるために登場したのがこちら↓
b0035100_16361332.jpg

無細胞系タンパク質合成システム~


これ、生物を育てる必要がないんです。
そもそも生物を利用するのは、
mRNA→タンパク質への翻訳システムを人工的に作ることができないから
なんです。
そこである人が考えたのが、
この翻訳能力のみを取り出せないか、ってことです。

これには色々と問題があったようなのですが、
最近になって翻訳能力を持つ抽出液という形で小麦胚芽から取り出す事に成功したらしいです。
あとはこの抽出液に、
タンパク質の設計図となるmRNA
翻訳に必要となるエネルギー源(ATP)
タンパク質の材料であるアミノ酸
を入れておくだけ。
勝手にどんどんタンパク質が作られていくわけです。

いやぁすごい。
まるでSFですね。ここまで技術が進んでいるとは。

ちなみに、写真に写っている機械は、
900rpm(1分あたり900回)で振動し、
温度調節してくれて、
タイマー機能がある、ただそれだけの機械なのですが、
ものすご~~~~く高価です。
定価120万円。ぼったくりですな~。

おまけ。コントロールパネルはこんな感じ↓
b0035100_061570.jpg

[PR]

by sasayanx | 2005-01-26 16:36 | 日々のメモ  

自由と責任

今日もジャズについてタラタラと書いてみようと思います。
内容の性質上、まとまってはいないと思います。ごめんなさい。

ジャズって難しいよね、ってお話です。
[PR]

by sasayanx | 2005-01-26 01:28 | 音楽  

心理学+数式?

世の中色んな研究者がいるものです。

今日は一年で最悪の日? | Excite エキサイト 今日は一年で最悪の日?

記事を読んでみるとびっくり。
心理学者のクリフ・アーナルズは入り組んだ数式を用いて、人々の不幸はいまから4日のあいだにピークに達するという結論を出した。

・・・

入り組んだ数式を用いて

へぇ~~~
どんな内容なんでしょうね。とっても気になります。

一方、
クリスマスの思い出は遠のき、お祭り騒ぎの借金がのしかかり、天気は悪く、新年の誓いに破れ、夜は長く暗い。これらが合わさって憂鬱を生む。カーディフ大学で「季節性障害」を研究する専門家は言う。
つまり、
『季節性障害』でこの時期は憂鬱なんじゃいっ!
不幸に感じて当たり前の時期なんじゃいっ!!

って突っ込んでいる専門家がいると。

数式を持ち出して証明したり、それに突っ込みを入れたりと
科学者は面白い人種ですね。

この『季節性障害』ってのは、冬場に発症しやすい『うつ病』らしいです。
自然光を浴びるとよいそうで。初耳。
[PR]

by sasayanx | 2005-01-24 21:25 | 日々のメモ  

メダパニ

今日はライブを見てきました。
約1ヶ月ぶりです。出演者の方々、お疲れ様でした。
b0035100_2049084.jpg

即席チップ箱

------------------------------------------------------------
日常的にプレイヤーとしてジャズと触れ合っている事が多い僕ですが、
やはり他人の演奏を聴くのは普段とは違った何かを与えてくれますね。
プレイヤーとしてではなく、リスナーとして音楽に関わることで、改めて気づいたり実感したりすることがあります。ってそんなの当然ですよね。

今日はジャズについてちょっと独白してみます・・・

長いです。ごめんなさい。
[PR]

by sasayanx | 2005-01-23 20:51 | 音楽  

酷評

今日のサザエさんで、カツオくんがとんでもない一言を言い放ってしまいました。

(タラちゃんは)

食べる事と寝る事しか

考えてないんだから。


・・・しょうがないじゃん。3歳なんだから
[PR]

by sasayanx | 2005-01-23 19:45 | 垂れ流し  

さてさてどうだか・・・

コーヒー好きとしては気になるニュース。
Excite エキサイト : 社会ニュース コーヒー党に肝がん少ない

コーヒーを1日に1杯以上飲む人が肝臓がんになる危険性は、全く飲まない人の6割程度
だそうです。
危険性が少なくなるという話は大いに歓迎しますが、文章中に気になる箇所が・・・
年齢や性別などの要因を考慮して解析した結果、全く飲まない人の危険度を「1」とした場合、1日平均1杯以上飲む人は0.58、1杯未満の人は0.71だった。
この『要因を考慮して解析した結果』という部分が非常~に気になります。
どんな要因をどのように考慮したのでしょうかね。
科学はもちろん結果主義なのですが、結果をどう解釈するのか、というのは思ったよりも自由度が高かったりします。(科学という言葉がもつ絶対的なイメージと比べると)

ほんとに例えばですが、1日平均1杯以上飲む人とそうでない人に差が出るようにすることはいくらでも可能である、という場合もあります。
そして、タチが悪いのは、そのような手法が『嘘をついている』とは言えないことです。
このように考えていけば、このような結論が得られる
という言い方をすれば、それは嘘にはならないですからね。
職業柄、(学生ですけど、)科学者の言葉には十分気をつけないと、と思う今日この頃です。

余談ですが、
このコーヒーに関する話は、コーヒーに含まれるどんな物質が作用するかはよく分かっていないというのも踏まえると、
『ある集団で、肝臓ガンになる危険性が低いのはコーヒーを飲むからである』
と結論付けられる考え方がある、という言いかたが正しいかなぁ・・・と思います。
生意気言ってすみません。
[PR]

by sasayanx | 2005-01-21 15:44 | 日々のメモ