ひげ

今夜の話題は『ひげ』。といっても、話は違った方向へすすんでいくんですけどね。

僕は男性です。毎日毎日ひげが生えてきます。頼んでもいないのに。今の僕にとっては、剃られるために存在するモノ以外の何者でもありません。そんなひげを剃りながら考えました。
体に生えている毛というのは、何かを保護するために存在しています。(断言していますがよく知りません。多分おおまかには合っているとは思います。)
例えば、頭髪。人間の頭部には、CPUが搭載されています。大事なとこだし、守らなきゃいけない。
例えば、脇の毛。脇は人間の弱点の一つ。昔々、十字架にはりつけられて死刑になる人は、左右の脇を槍で突かれたそうです。
脇は鍛える事が不可能なのでどんな屈強な人も確実に殺せるから、というのがその理由である。と聞いた事があります。
だから少しでも守るために生えてくるのか、と思ったり。
その他の部位も…ま、あえて言う必要はないですね。

とにかく、体に存在する毛は、それが生えている部分を守っているのです。多分。
で、ひげは何を守っているの?と疑問に思いますが、今日はそっちの方向にはいきません。

『ひげ』から果たしてどの方向へ・・・続きはこちら。
[PR]

# by sasayanx | 2004-10-04 01:36 | 日々のメモ  

仮面ライダー!!続き。

V3! oVo

ストロンガー! oTo

こんなのもいたような! oXo

やりすぎですか?
[PR]

# by sasayanx | 2004-10-02 01:44 | 垂れ流し  

ハムスターといふ生き物

今日は全国的に秋晴れだったようですね。みなさまいかがお過ごしでしょうか。
さて、第3夜です。今日の話題は『ハムスター』。

僕はハムスターと生活をしています。ペットとして、ハムスターはどの程度飼われているのでしょう?
ペット事情をちょこっと調べてみました。
ちょっと古いのですが、1999年度のある調査によると、日本では犬は約1000万頭、猫は約800万頭がペットとして飼われているようです。世帯で考えると、犬は6世帯に1頭、猫は7.5世帯に1頭の割合となるそうです。
また、ちょっぴりデータの質は異なりますが、2000年度の動物病院受診状況によると、動物種別の受診頭数では犬が約70%、猫が27%、ハムスターが1%ぐらいだそうです。
このへんのデータから推察するに、ペットとして飼われているのはやはり犬・猫が圧倒的に多く、ハムスターはその次あたりにランクインしているのでしょうか。

目的とする情報を得るには難しいもんです。インターネットというやつは。ま、それはさておき。

ペットとして飼われているハムスターは比較的多いということですね。おそらく。
そんなメジャーな動物ではありますが、犬・猫と比較して『飼い甲斐』は圧倒的にないのではないでしょうか。

ハムスターを考える。続きはこちら・・・
[PR]

# by sasayanx | 2004-10-02 01:23 | 日々のメモ  

仮面ライダー!!

o¥o

…すいません。
[PR]

# by sasayanx | 2004-10-01 01:32 | 垂れ流し  

日記といふモノ

こんばんは。第2夜です。
たくさんの方にコメントをいただけてうれしい限りです。これからもお付き合いくださいますよう…
さて、今日の話題は『日記』です。なんとなく、初日に書けばいいのに、と思いますが…ま、気にせずいきましょう。
今、日記をつけている人ってどれほどいるのでしょうか。ウェブを介さずに、日記をつけている人。身近に1人は知ってますけど…

僕の日記論。続きはこちら・・・
[PR]

# by sasayanx | 2004-10-01 00:56 | 日々のメモ  

携帯からの投稿テスト

b0035100_1184075.jpg

沖縄みやげをいただきました。
…うーん。沖縄の人ってすごいなぁ。
[PR]

# by sasayanx | 2004-09-30 11:06 | 垂れ流し  

銭湯といふ場所

ブログを始めてみることにしました。
半分くらいは思いつき。あとの半分はブログをもっている知り合いが増えたことですかね。
多分日記みたいなのをだらだらと書くことになるのでしょう。

初投稿は『銭湯』について。なんでやねん、という気もしますが…
みなさんは銭湯を利用されますか?また、どのように利用されますか?
おそらく、家の風呂では味わえない何かを求めて利用する、という方が大多数ではないでしょうか。
ちょっと調べてみたところ、あるサイトでは、現在の内風呂普及率は96%と記述されていましたから。

このサイトを信じるならば、僕はその残りの4%を占める『内風呂のない家』に住んでいます。
という事で、銭湯は僕の生活の一部です。別に特別な場所でもなんでもないのです。

僕の行きつけの銭湯(M温泉としましょう)は、家から徒歩2分以内のところにあります。浴槽がいくつかあって、泡風呂があって、小さいながらもサウナがある、そんなごく普通の銭湯です。たぶんどちらかというと『ひなびた』銭湯です。

さらに、もう少し歩くと別の銭湯、N温泉があります。ここは最近新装開店した(厳しい銭湯業界にあってこれはすごい事ですね)銭湯で、数種類の浴槽をもち、大きめの露天風呂もあって、サウナももちろんあって・・・浴室も大きいし、けっこう広めのロビーも備えたどちらかというと『レジャー系』銭湯です。

僕はN温泉には滅多に行きません。もちろん距離の問題もあるんですけど、一番の理由は客の質です。やっぱり、レジャー系銭湯、楽しめる・くつろぎの場を提供するのを目的としているN温泉には、『家では味わえない何か』を求めてやってくる人の割合が多すぎるんですよね。
それが、『生活の一部』として利用している僕にとってはけっこうしんどい。
例えば。N温泉には子供がたくさんいて、家の風呂とは全く違う環境にテンションがあがってしまうようで。もちろん、そういう子供たちを一方的にうっとうしがるつもりはないんです。
ただ、僕にとっては生活の一部、すなわち『家にある風呂』という感覚なので、
『家にある風呂でハイテンションになっている』状態を目の当たりにするのはとっても違和感を感じるんですよね。

一方、M温泉はどちらかというと『しょぼい』銭湯のため、レジャー気分で訪れるお客さんは少ないと思います。もちろんいるでしょうけど。
生活の一部として利用している人が大半のような気がします。4年半も通っていると、どの時間帯にどんな人がいるか、というのもちょっとわかってしまったりします。それぐらい、みんなが日常として利用している、そんな気がします。
だから好きなのです。しょぼいけど。

今日もM温泉に行ってきました。さすがに台風のためかお客さんは少なかったですけどね。
では今日はこれにて。
[PR]

# by sasayanx | 2004-09-30 00:52 | 日々のメモ